052-352-1739

■門脇木型の沿革

 モノづくりの活性地域である愛知県名古屋市で創業。日本から世界へ視野を広げ、時代にフォーカスできる技術、
広く社会に貢献できるプロフェッショナル集団であり続けます。

平成27年5月
CAD/CAMシステム(CimatronE)を増設
平成26年12月
NC加工機(2台目)を増設
平成19年6月
CADシステムを増設
平成18年6月
代表取締役社長に門脇泰憲が就任
平成17年10月
NC加工機を導入
平成17年1月
南工場を新築
平成15年5月
CAD・CAMシステムを導入
平成4年7月
機械場、2F(事務所)、3F(倉庫)を増築。
昭和59年6月
機械場を増築
昭和57年5月
株式会社門脇木型設立(法人化)代表取締役社長に門脇年男が就任
昭和55年7月
名古屋市中川区好本町に移転
昭和42年6月
代表に門脇年男が就任
昭和10年
名古屋市中川区五女子に移転
昭和元年

門脇木型製作所を個人営業にて開始。創業者は門脇仙治(現在の名古屋市熱田区波寄にて)

ページの先頭へ戻る